正しいメンテナンスで長く利用!自分でできる時計のお手入れ

腕時計を長持ちさせるメリットと手入れ方法

腕時計を使用することで、待ち合わせ時間を確認したり、いつ行動するべきか知ることができますが、使用の仕方が悪かったり、上手に使っていても故障して使えなくなってしまうこともあります。故障した場合には修理するか新しく購入する方法がありますが、どちらの場合でも費用がかかり、今使用している時計が気に入っているならば長く利用できるように自分で上手にメンテナンスを行うことが大事です。まず、持ち歩くことが多い腕時計の場合には、拭くことが必要であり、汚れた部分を綺麗に拭き取ることで、見た目を良くするだけでなくサビの対策もできます。拭くときにはやわらかめの布を使って、水分もしっかり取りますが、汚れが取りにくい場合にはつまようじなどを使うと効果的です。

手入れをするときの注意点

つまようじなどを使うときに、素材ややり方によっては時計に傷をつけてしまうことがあるので、使用する時には力を入れないように慎重に汚れを取り除くようにするか、心配なら専用のブラシを購入して手入れを行います。また、目立ちにくい部分も埃が溜まることがあり、放っておくと長持ちしなくなるので、面倒だと思わずにしっかり汚れを取り除きます。そして手入れを定期的に行うだけでなく、故障しにくくするためには毎日の使い方にも気を付ける必要があり、水を使うような場所では事前に取り外して濡れないようにしたり、パソコンなどの磁気が強い場所のそばには置かないようにすることで、自分の大切な時計をより長持ちさせることが可能です。