知らないと大損!?海外製の時計を買う際に注意すべき2つのこと

偽物にご用心!どこで買うかは結構重要

海外製の時計、特に高級ブランド時計を購入する際、まず第一に注意したいのは、間違っても偽物を掴まされないことです。何十万も払って買ったのに、実は偽物だったでは困ります。では、どうやったら本物を購入することができるのでしょうか。答えは簡単。買う場所を選べばいいのです。
まず論外なのは、ネットオークションですね。確かに掘り出し物が出品されていることもありますが、偽物という場合も結構多いので、基本的には近づかない方が賢明です。同様の意味で、質屋などから購入するのも止めておきましょう。
本物を手に入れるベストの方法は、言うまでもなく、メーカー直営店か正規代理店から購入することです。ただし、こちらは定価販売が原則となります。その点、安く買いたいのであれば、海外で仕入れて国内で売っている、いわゆる並行輸入店を利用すると良いでしょう。とは言え、実店舗を構える信用の置けるお店であることが絶対条件となります。

アフターフォローは必要ですか?

高級ブランド時計を購入する際の第二の注意点は、正規品と並行輸入品のどちらを購入した方がよいかという問題です。価格だけで考えると、並行輸入品の方が、数万円あるいは物によっては数十万円安いこともあります。ただし、並行輸入品の場合、アフターフォローや修理の際、メーカーからの手厚い保証が受けられない可能性があります。最悪の場合、修理に出しても門前払いを食わされます。その点でも、並行輸入品で購入するなら、信頼の置ける時計店を選んでおくことが重要です。そういったお店は、腕の良い職人を抱えているからです。
いずれにしても、時計を長く大切に使いたいなら、数年ごとのオーバーホールや修理の時のことも考えて、高くても正規店で購入する方が賢明です。それとは反対に、安ければOK。偽物を掴まされる若干のリスクと修理の際の不便さは仕方ないと思えるなら、並行輸入品となります。どちらを選択するかは、その人の考え方次第です。